会社情報

教育研修制度について

教育研修

研修風景写真

新任

新しく警備業務に従事する人には、警備業法では、所定の時間数の教育を行う事と定められております。
弊社では、その研修として30時間(4日間)の研修を行っており、DVD等を使用し、関係法令や業務に必要な知識を初心者でも理解しやすい方法で行っております。
また、それに併せ、弊社の理念・業務の使命感等も理解した、現場でプロの警備員として活躍できる人材を育てます。

現任

新任教育と同じく警備業法では、現に警備業務に従事している人にも半年に所定の時間数の教育を行う事と定められております。
弊社では、その時間数以上に研修を行っており、資格取得の為の事前研修や応急手当の方法、消防関係・防犯関係・護身術等を研修用資機材をフルに活用し実務で実践できるような研修を行い、クオリティの高い警備業務を提供しております。

その他の研修

警備業務は人と接する機会が多くまた制服を着ており注目され易いという観点から弊社では、法定研修とは別に、潟~ントスの講師をお招きしマナー研修を行い、挨拶の仕方や立ち方、見せる歩き方など視覚に訴えるような警備業務が提供できるよう研修を行っております。

研修風景写真2

資格取得教育

当社では、クオリティの高い警備業務をご提供するため、公的資格の取得を奨励しています。

資格
・警備員特別講習事業センター講師
・指導教育責任者(1号)
・指導教育責任者(2号)
・指導教育責任者(3号)
・指導教育責任者(4号)
・機械警備業務管理者
・施設警備業務(1級)
・施設警備業務(2級)
・雑踏警備業務(1級)
・雑踏警備業務(2級)
・交通誘導警備業務(1級)
・交通誘導警備業務(2級)
・貴重品運搬警備業務(1級)
・貴重品運搬警備業務(2級)
・自衛消防
・防災センター要員
・危険物取扱主任者
・消防設備士
・防火管理者
・派遣元責任者
・衛生管理者
・普通救命
・上級救命
・応急手当普及員

採用情報へ進む

ページの先頭へ